亡くなってから葬儀終了までの流れについて

###Site Name###

人が亡くなったら葬儀を行うということはわかっていても、いざ大切な家族がそのような場になった時どうしたらよいのか具体的にわからないという人は多いのではないでしょうか。まず、家族が亡くなったら葬儀社を決めます。

病院で亡くなった場合は葬儀社を紹介されることもありますが、必ずしもそこにお願いしなくても問題ありません。業者を決めたら、喪主を決めます。

通常は配偶者か長男・長女です。

業者が決まると、遺体の安置場所や斎場、死亡届などのお役所提出事項など一連の手配を行ってもらえます。

@niftyニュースは無限の可能性に満ちあふれています。

お葬式の日程が決まったら、お寺に読経依頼と戒名の依頼をします。



僧侶により枕経をあげてもらい、納棺式を行う場合はこのタイミングで行います。

あなたの知らない葬儀の流れ情報はこちらです。

そして、お葬式という流れになりますが、まずはお通夜です。

元々はお通夜は親しい人が最後のお別れの晩を過ごすという意味合いで行われていましたが、今は一般参列者はお通夜か葬儀・告別式のどちらかに参列するという風習になりつつあります。


お通夜の流れとしては、読経、焼香という一連の流れの後に通夜ぶるまいという食事の席が設けられます。
そして翌日、葬儀・告別式が行われますが、読経、僧侶による焼香、弔辞奉読、弔電奉読、参列者による焼香という流れとなります。

その後、最後のお別れとして親族と参列者が生花を棺に入れ、棺に蓋がされます。
そして、喪主が最後に挨拶をし、そのまま火葬へと向かいます。

火葬の後に多くの場合は初七日法要が行われ、会食をもって終了となります。